運動時にパフォーマンスを上げる食事!|仙台整体院|泉中央駅ビル2階|10:00~20:00営業

代表施術者=公認アスレティックトレーナー:山本郁

受付時間
  • 電話番号
  • アクセス

運動時にパフォーマンスを上げる食事!

2018/09/08 | カテゴリー:スタッフブログ

皆さんこんにちは!

仙台整体院の柴田です。

本日は運動時にパフォーマンスを上げる食事についてご紹介します。

 

カーボローディング

 

カーボローディングとは、スポーツなどの場面で、運動エネルギーとなるグリコーゲンを通常よりも多く体に貯蔵するための運動量の調節及び栄養摂取法です。

 

主要なエネルギーの枯渇を起こしにくく、運動出来る回数や連続して運動し続ける時間を増大させる事が期待できます。マラソンや自転車ロードレース、スキーのクロスカントリーなどの高い持久運動を継続するスポーツでは、エネルギーを大量に消費するため、グリコーゲンの貯蔵量は成績に大きな影響を及ぼします。

 

 

例えばマラソンなどで、大会の数日前からトレーニングの強度を落とし、休息日も設けるなどして十分に体力を回復させると大会で疲れが出にくくなり、日頃とは比べ物にならないほど好成績となる場合がある。これは休息によって、日頃のトレーニングで痛んだ筋繊維が修復されるとともに、体内で枯渇気味になっていたグリコーゲンが十分に蓄積されるため、身体が本来の能力を発揮出来るようになるからである。大会前における体内のエネルギー調節を「カーボ調整」ともいう。

 

体内での蓄積量以上にグリコーゲンを消費し枯渇した場合には、通常、1日程度では十分に回復が出来ない。グリコーゲンが十分回復するまでには数日間(3日程度)かかるのでこの間は著しいパワー・持久力の不足に陥る。体内グリコーゲンの消費と貯蔵といったエネルギー収支についての管理をせず、大会直前まで通常のトレーニングを行ったり、休息期間を設けないなどの誤った調整を行うと、試合時のパフォーマンスを低下させることになる。なお、カーボローディングはスポーツ試合時の対応のみでなく、疲労回復や身体能力の維持・向上などといった日常生活における身体コンデションの管理法としても有効です。

 

カーボローディングの食事方法

 

試合1週間前から、コンディションを整える目的でテーパリング(調整)を行います。大会に向けてトレーニングを徐々に減少させる調整法のことです。

試合1週間前~4日前は、通常のエネルギー比率の食事を摂りましょう。目安としては、糖質50~60%, たんぱく質10~15%, 脂質25~30%です。このとき、疲労困憊するほどの強度の運動は行わないようにしましょう。

3日前~当日には高糖質食を摂りましょう。食事全体の糖質を70~80%の比率にします。

 

試合1時間前からは仕上げのローディング

当日の朝食は試合時間から逆算して3~4時間前に終わらせ、完全に消化させます。
試合1時間前には、すぐ消化しやすい固形物・液体などで補給し、血糖値をキープしましょう。果汁100%ジュース、バナナ、エネルギーゼリーなどは手軽に活用できるのでおすすめです。飴などを携帯しておくのも良いでしょう。
水分は糖質が入ったスポーツドリンクで補給します。200~250ml程度を目安にこまめに補給しておきましょう。

 

この方法や食事バランスで悩まれているこは是非ご相談ください!!

また当院では、肩こり腰痛の治療も行っております。

お身体の不調、なかなか疲れが取れない方は一度、仙台整体院にご相談ください☆

 

仙台整体院は泉中央駅ビル2階カーサベガルタ様の隣にあります!!

スタッフ一同お待ちしております☆

スタッフブログ一覧へ戻る

24時間ご予約OK
  • 仙台整体院
line予約の方法